Entry

18 思考を止めない

このシリーズでは,プラス思考の技術,方法論を検討している。
プラス思考の対極にあるのがマイナス思考であるが,それはどのような「思考」をいうのだろうか。いや,そもそもそれは「思考」の名に値する営みなのだろうか。
これまでのこのシリーズを読破してきた読者は既にお気づきだろうが,著者は,物事を前向きに捉えながら生きていこうということの基盤には,実は「熟慮」,あるいは「省察」というものがあるという考えを前提にしてきている。つまり,この問題で重要な意味をもつのは,考える姿勢,方法,筋道といったものであり,まさにプラス「思考」の技術が問題なのだ。
他方,マイナス思考というものが,熟慮の結果出てくるものかという点については,多分に疑問がある。
むろん将来予測を行うに際し,科学的根拠をもった検討の結果悲観的な結論を導くということはありうるだろう。しかし,いわゆるマイナス思考というものは,多くの場合,そのような深い省察の結実というよりも,むしろ憂鬱的気分の支配を意味するように思われる。つまり,マイナス「思考」というけれども,仔細に観察してみれば,それは「思考」の態をなしておらず,実際には,単なるマイナス「志向」なのではあるまいかと。
流れる水は腐らないという。反面,淀む水は腐敗し易い。流れない思考,停止した思考というものは,気分を腐らせ,マイナス志向を生み出すということはないだろうか。
この連載の第3回(tomorrow is another day.)で,悩みそうになったら寝ることにするという生活の知恵に賛同した。それは,眠い時に物を考えてもいい知恵は出てこないので,それくらいなら就眠したらいいという趣旨であった。これを思考停止の勧めというように理解される向きもあったかもしれない。
しかし,それは,そこでも指摘したとおり,あくまで不作為としてのマイナスエネルギー投入防止ということに限定しての戦術であり,寝て起きて腹いっぱいになって心身が元気になるまでのつなぎのものであるから,思考停止というよりは思考中断の勧めというほうが当たっている。人間の心身には疲労ということがあるし,精神的な負荷によって影響されることは不可避であるから,悪条件下では思考を中断して休息したほうがいい場合もあるということを指摘しただけである。第3回の末尾に記載したとおり,心身が元気になったら,「なるようになる」から「やるべきことをやる」という積極思考に転換すべきなのだ。
思考停止は,上記のような,休息のための思考中断とは異なる。思考停止とは,人間としてのありようの探求をやめることである。逆境からは逃避するという形をとり,それは,最終的に自己の正当化を不当に図るという形で収束する。そのために,解決策は場当たり的であり,その場しのぎに過ぎない。すなわち,逆境における思考停止こそは,マイナス思考の元凶というべきなのではないかと思う。
逆境にあって思考停止を起こさないためにはどうすべきか。
一つには,普段から物事を良く考えておくことであろう。思考習慣を身につけるということだ。性能の良い発電・送電装置を準備しておけば停電しにくくなる。
もう一つ忘れてはならないのは,停電時のための思考用バックアップバッテリーを準備しておくことだ。たとえば,逆境用に普段から育てておくプライドは,何もかも嫌になりそうになったときに,その心を支え,思考を続けさせるために働くであろう。
普段から物事を良く考えるということのためには,たとえば読書習慣が必要であろう。また,同じ読書をするにしても,それがたとえ権威者の書物であっても,結論だけを鵜呑みにするのでは,思考ということに結びつかない。思考ということは自分の心を見つめなおすということであり,他人の思考は外部に存在するのだから,それを直輸入するだけでは思考とはいえない。他人の思考については,批判的に見て自分で消化するという姿勢が肝要である。
ここでひとつ注意しておきたいのは,思考することが習慣であるのと同様,思考停止も習慣なのだということである。そのような間違った習慣に陥らないように注意する必要がある。次回は,思考停止の悪例をあげつらう予定である。
さて,思考停止は一見楽そうに思えるので,ついついそうなってしまいがちなのだが,よくいわれるように,足を止めて長い間棒立ちになっているのと,同じ時間歩き続けるのとでは,前者のほうが疲労度が大きい。思考停止は,本当はそんなに楽なことではないということも知っておいたほうがいい。気の持ちようということでいうなら,思考し続けるほうがよほど楽なのである。
このシリーズは,実は,読者に何が楽な生き方なのかを知ってほしいという狙いもある。多少遠回りで面倒臭そうに見えるけれども,思考を続け,その中で他者の人生を思うことのほうが実はずっと楽な処世なのだということを,このシリーズ完了までに,読者にはぜひ理解していただきたいとも願っているのである。

16  誇りを育てる

 自己評価と他人からの評価との間で後者のほうが低すぎるというギャップがある場合を念頭に,プラス思考の技術を検討し続けている。
 前回,プライドという言葉は「支える」という文脈で用いるべきだという提案をした。普段「自分の意識をもって自分を支える」という考えを持つことは少ないかもしれないが,これはとても大切なことなのだ。
人生というのは山あり谷ありで,いい時期もあれば悪い時期もある。幸運や才能や努力によって他の人に比べて高いレベルで人生の昇降曲線を描くことのできる人もいるのだろうが,それにしたって人生を一度たりともがっかりすることなく過ごす人なんていない。どんな人だって失意に沈む夜がいくつもあるはずである。
苦しいときや悲しいとき,他の人に慰められて元気が出ることもある。そうやって励ましてくれる人が周囲にいるというのはとても幸福なことで,人は逆境で自分の恵まれた環境を知ることがある。そうした励ましを機縁に人生のカウンターアタックを展開するのも悪くない。
だが,廻りの心温かい人たちの力をあてにすることなく,そうした人たちがいなくても自分の心を強く保つことができるようにしておくという準備も,日ごろから怠ってはいけないのだろうと思う。これは,言ってみれば「心の危機管理」なのだ。
さて,前回は「プライド」という言葉で統一して表現したが,日本語では「誇り」,「自尊心」,「自負心」,「矜持」。
どの言葉にしても,良いニュアンスで用いられる場合と悪いニュアンスで用いられる場合とがある。後者は自分だけが尊いとか正しいというような趣旨で,「うぬぼれ」というような意味で使われる。
たとえば,「自尊」という言葉には,「自重して自ら自分の品位を保つこと」という意味の他に,「自ら尊大にかまえること」といった意味もある。
 自己の尊厳を保とうとする心理は,他者を見下そうとする心理と紙一重の所にあるということでもある。そして,ここが注意を要する点なのだが,どちらの領域からでも「プライド」は発生しうるのである。
われわれのテーマである「プライドで自分を支える」ということだけで考えてみても,一見,どちらの領域のプライドでも同じくらい役に立つように思えるが,はたしてそうだろうか。
自己評価と他人からの評価との関係をどう考えるかということは,自分と社会の関わり方に連なる問題であり,自分を社会の中にどう位置づけていくかという問題に関係する。この「位置づけ」ということが問題で,うっかりすると,安易に「位置づけイコール序列」と考えてしまいがちである。だが,人が社会と関わるときのテーマとして最も大切なのは,その果たす役割(role)や事に対応する姿勢(stance)であって,序列(rank)が重要なのではない。人はランク付けを受けるために社会にあるわけではない。社会に役立ち,そしてその役立ちの度合いについて社会から評価されて地位(position)を与えられ,自分の居場所をそこに見出すことが,幸福な人生の基盤になるのである(いうまでもないことだろうが,ここでいう社会への役立ちとかそれへの関わりとかは,職業的なことだけに限定して言っているのではない。家庭やコミュニティーで,スタンスを明らかにしつつそれぞれの役割を果たし貢献していくこともまた,社会に居場所を見つけるということである)。
うぬぼれや尊大は,自己の序列にばかり気を取られ,自分が社会にどういう役立ちをしていきたいのか,どう関わり,何をもたらしていくことができるのかといったことを忘れた人生態度に由来する。そのような態度に淵源をもつプライドも,あるいは一時であればその人の心を支えることもできるのかもしれない。負けず嫌い魂は,再挑戦に向かう意欲を掻き立たせるものだから。しかし,この種類のプライドは基本的に他者に勝利することのみを基盤とするので,敗北が決定的になったときに,結局はそのプライド自体が瓦解する。このため,そうしたプライドは,永くその人生を支え続けるだけの力をもつことはない。言ってみれば,それは順境用の思い上がりアイテムに過ぎないのだ。またそれゆえに,多分,そうした種類のプライドは,やたらと傷つきたがる性向を持つのだろうと思う。
 人は,心の中に,順境でも逆境でも変わることなく保たれるプライドを育てるべきなのだ。社会的ステータスや収入や学歴などといった「序列」に関わる思いが,そうした強いプライドに育つことは難しい。
プライドを植物にたとえるなら,その種苗に二種類がある。「序列種」と「役立ち種」と。前者は「うぬぼれ」というあだ花を咲かせる。自分を支えるためのプライドということで考えるなら,「尊厳」という果実を産む後者をこそ,心の畑に蒔き,丹精して育てるべきなのだ。

Pride

今回から,ブログの方で「プラス思考の技術」の連載を始める。週1回くらいのペースにする予定である。 

 今回のテーマとして,「プライド」を扱う。「誇り」と日本語で言えばよさそうなものだが,巷間,「プライド」に関してある種の表現が日常茶飯的に用いられているように思われ,そのこととの対比でその本来的役割を見つけ出してみたいと思い,あえて「プライド」という横文字をテーマに掲げることにした。
プライドという名詞から連想する動詞は何ですかと問われたら,どう答えるだろうか?私は,かなり多くの人が,「傷つく」と答えるのではないかという気がする。
「あの言葉で私のプライドを傷つけられた」とか,「今回の敗北で彼のプライドはずたずたに引き裂かれた」などという表現を頻繁に耳にする。
「プライドが傷つく」のは正常な事態ではない。もしも上記の私の推測が当たっているとするなら,「プライド」という言葉は,異常事態で,それも傷つけられるというマイナスの文脈で用いられることが多いということになる。
 プライドは,傷つけられるために心の中に存在しているものではない。少し考えれば誰でもわかるはずである。ところがもしも「傷つく」という以外の動詞をなかなか連想できなかったとすれば,それは,その人が,プライドの役割を,普段はあまり意識していないということを意味する。もっといえば,プライドに対して,みずから意識的に明確な役割を与えていないということになる。
もしそうだとすると,プライドという言葉は,その人にとって,主に負の局面で用いる言葉,つまり,基本的にはマイナス思考用アイテムになってしまっている可能性が強いということにもなる。
 プライドの本来果たすべき役割とはいったい何だろうか。
大枠の結論を先に言ってしまうならば,「その人の生き方を支えること」といっていい。
それは,プライドの力をもって自分の生き方を律し,誤った生き方をしないということである。そうした生き方を積み重ねていくと,その事実が,さらにプライドを分厚くしていく。そうした生き方をしてきた,そして今後もしていけるという自信こそが,落ち込みそうになったときに,その人の心を支えるのである。プライドの本分は,まさにプラス思考のアイテムなのだ。
 これがプライドの本来あるべき姿,果たすべき役割というものだろう。したがって,あるべき姿としていうなら,「プライド」という言葉に結びつくべき動詞は,「支える」,「保つ」,「律する」といったような種類のものでなければならないはずである。
事実としてプライドに結びつけて用いられがちな動詞が「傷つく」であるとしても,真のプライドというものは,そう簡単には傷つかない性質のものである。なぜなら,真のプライドとは,単純に本能や虚栄心から派生するものではなく,人生観をもとに形成されるものであり,信条・信念ということと結びつくものだからである。つまりプライドによって自分を律するということであり,逆に,そうして自分を律して行くことの積み重ねにより,自分は信念に従って生きてきたという自信が生まれ,そうした自信は,プライドに厚みや重み,強さを付け加えるのである。
 さて,プライドに明確に役割を与える場合には,さらに,もうひとつ忘れてはならないテーマが生ずる。それは,「プライドを形成する」ということである。
傷つくためだけのプライドならば,その内容がどのようなものであっても,傷つくということ自体は可能なので,それでなんら差し支えないわけである。それは,ただ心の中にありさえすればいい。極端にいえば,それが厳密にプライドである必要さえもなく,虚栄心のようなものであっても傷つくということはできる――むしろイミテーションのほうがより傷つきやすい――のである。虚栄心はともかくとしても,自分を守りたい,いい気分で過ごしたい,ただ格好をつけていたい,そうした,本能とそんなに違いのないものであっても,傷つくことだけはできる。だから,「傷つく」という文脈だけで考えるかぎり,「プライドを形成する」という問題はあまり気にならないということになる。
しかるに,自分の人生を支えるものとしてのプライドは,内容的に自分の人生観に沿ったものでなければ,その本来の役割を果たすことができないはずである。ここに,「プライドを形成する」という重要な問題が発生することになる。
 プライドをどうやって形成すべきかというのは,人生観そのもの,生き方に関わる大きな問題である。自分が何を信条とし,どういうふうに生きて行きたいかということと関係がある。次回にもう少し掘り下げてみたい。

Page

  • Newer
  • Older

Utility

Calendar

< 2017.7 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Entry Search

Recent Entry

18 思考を止めない
2013/11/29 19:10
明治5年の太政官布告
2013/11/23 15:39
17 逆境の夜に
2013/11/23 15:29
16  誇りを育てる
2013/11/13 17:48
暦の根拠法令とは
2013/11/10 15:22